飲み会に誘われたとき。ノミニケーションのコツ

スポンサードリンク

飲み会に誘われたとき|ノミニケーションのコツ

「よし、じゃあ一杯いこうか!」
大人の付き合いにお酒はつきものです。
コミュニケーションならぬノミニケーションなる
言葉も聞かれるようなりましたね。

 

 

お酒を飲んで酔っ払うと必要以上の緊張や恥ずかしさが
なくなり、楽しくなってきます。

 

スポンサードリンク

いつもは寡黙な人が飲み会になると
はしゃいでいることなんかもよくありますよね(笑)
いつもは出来ない会話ができ、本音が言い合えたりします。

 

 

思わぬ共通点が発見できるチャンスですので、
人間関係を良くしたいなら積極的に参加してほしいものです。

 

 

しかし、飲み会の場が苦手という人もたくさんいますよね。
おそらく、先輩や上司と飲みに行くと気を使うからという
理由が多いのではないでしょうか。

 

 

飲み会に参加するときのコツは
実は「気を遣いすぎないこと」です。

 

 

先輩上司のグラスが空になったのに
あなたは気がついたときだけ、
注文を取ってあげる程度で十分です。

 

 

ずっと相手のグラスに注意をする必要はありません。
あとは自分も酔っ払って楽しんでしまいましょう。

 

 

いつもは言えない、言いたいことも言ってみましょう。
先輩上司もあなたと楽しい時間を過ごしたくて
誘っているわけですから、楽しんでいるあなたを
見ると嬉しいものです。

 

 

必要以上に遠慮しない方がかえって盛り上がります。
それでもどうしても行きたくない、行けないという場合は
前述した上手な断り方を参考に断りましょう。

 

 

嫌々行くと逆効果になりかねませんし、
あなたの精神衛生上よくありません。

 

 

大丈夫です。飲み会に行かなくても
人間関係を良くする方法はいくらでもありますから。

スポンサードリンク