好かれたいと思ったときに一番単純な方法

スポンサードリンク

好かれたいと思ったときに一番単純な方法

あなたが気に入られたいと思った人がいるとします。
その人に気に入られるためには何をしたらよいでしょうか。

 

 

その人の趣味は?好きな食べ物は?
お酒は好きなのか?
明るい人が好きなのか?落ち着いている人が好きなのか?

 

スポンサードリンク

アウトドア派?インドア派?
これらを調べて、相手に合わせるのはとても大変です。
実はもっと単純で誰でもできる方法があるんです。

 

 

こんな実験がありました。
教室で学生にスライドショーで20人ほどの
顔写真を流したそうです。

 

 

その中で1人だけ、顔写真を複数回登場させました。
すべて見せ終わった後に
「さて、誰に対して一番好印象を受けましたか?」
と学生に質問したところ、多くの学生が
複数回登場させた人物に好印象を受けると答えました。

 

 

この実験が意味することは、
「接触回数と好感度は比例する関係」
ということです。

 

 

つまり、あなたが気に入られたいと思ったなら、
一番単純な方法は接触する回数を
ひたすら増やすように努力する。

 

 

これだけでいいのです。

 

 

例えば、なるべくその人の視界に入るように
努力すれば自然と好感度があがっていくことでしょう。

スポンサードリンク