好感度を上げるあいづちの打ち方

スポンサードリンク

好感度を上げるあいづちの打ち方

相手を気持ちよく話させてあげることが
できる人は、聞き上手と言われて、
周りに人が集まってきます。

 

 

聞き上手になるために必要なスキルが「あいづち」ですね。
このあいづちですが、
「へー」「ふーん」「ほー」など色々種類が
あるわけですが、必ず入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

そしてさらに人より聞き上手と思われるためには
コツがあります。
それは、「ダブルあいづち」です。

 

 

「へー」「ふーん」「ほー」だけ繰り返していると、
相手は「この人ちゃんと話聞いてるのかな?」と
不安になってくるものです。

 

 

ですので、「へー」「ふーん」「ほー」の後に
何か一言感想を入れましょう!
これだけで相手とても安心します。

 

 

「へー、それは驚いたでしょう。」

 

「ふーん、それは勉強になるな。」

 

「ほー、初めて聞きました。」といったように
あいづちプラス一言を意識しましょう。

 

 

これができればあなたはその他大勢の
人より聞き上手であると言えるでしょう。

スポンサードリンク