腕組み足組みは今日からやめよう

スポンサードリンク

腕組み足組みは今日からやめよう

あなたが上司に相談を持ちかける時をイメージしてください。
「実は相談があるのですが」と話しかけると、
上司は難しい顔をしながら、腕を組み、足を組み、
あなたの話を聞こうとしました。
どうでしょう、相談しやすいですか?

 

 

おそらく多くの人が高圧的なイメージを浮かべて、
相談しにくいと思ったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

この体の弱点をかばう腕組み、足組みは
「クローズドポーズ」と呼ばれ、相手に緊張を与えます。
腕組みで心臓を、足組みで股間をかばっているんですね。

 

 

逆にいえば、相手がこのポーズを取ったということは、
不安やストレスを感じているといわれています。

 

 

もし話している相手が腕組みをしたら、
「あ、この人不安感じてるな。話を変えるかな」という
使い方もできると思います。

 

 

あなたも不安を感じると自然と腕組みしてしまうかも
しれませんが、
「あ、いけない腕組みしてるな」と気がついた時でも
クローズドポーズをあえて解くようにしてください。

 

 

そうすればあなたの不安も、相手の緊張も
自然になくなっていくでしょう。

スポンサードリンク