言いたいことを通す裏技!フットインザドア

スポンサードリンク

言いたいことを通す裏技!フットインザドア

自分の言いたいことを上手に通す、
フットインザドアというテクニックがあります。
日本語にすると「ドアに足を入れる」という意味ですね。

 

 

お宅訪問の営業マンを想像すれば覚えやすいかもしれませんね。

 

何かを売るべく、営業をしていて
「いいえ、間に合っています」とドアを閉められても
まずは足だけでも挟めば
ドアは閉められませんからね。

 

スポンサードリンク

 

具体的にフットインザドアを説明しましょう。
例えばあなたは相手から10,000円を借りたいとします。

 

 

その場合、正直に
「実は10,000円貸してほしいんだ」

 

 

というより成功率を上げるには

 

 

まず相手が断らないような小さなお願いを挟むんです。
足だけドアに入れるんですね。

 

 

「500円貸してくれないかい?」という風にです。
10,000円ならまだしも、500円位は知らない仲じゃなければ
貸してくれると思います。

 

 

「いいよ!」と相手がOKを出したら、テクニックが使えます。
「あ!いけない!今夜接待があるんだった!
ごめんあと10,000円貸してくれないかな?」と言うんですね。
相手は一度500円を貸すOKを出しています。

 

 

想像していただきたいんですが、
500円を貸すのをOKと言ったあとに、
10,000円を断るのはかなり難しくなると思います。

 

 

まずは小さいお願いでOKをもらう。
そうすれば、さらに大きなお願いごとも
聞いてもらいやすくなるでしょう。

スポンサードリンク