ありのままの自分でぶつかってみる

スポンサードリンク

ありのままの自分でぶつかってみる

あなたは人間関係を良くしようとして、
自分の気持ちを抑え込み、
自分の本来の意志を曲げて相手に合わせて
行動することがよくありませんか。

 

 

しかし、自分を抑え込んでいる訳ですから長続きはしません。
ストレスが溜まります。
またこの行動は良かれと思って行っていたとしても、
実際にはお互いにとってあまり利益がありません。

スポンサードリンク

 

まず勘違いしていただきたくないのですが、
あなたが「ありのままの自分」になるということは、
あなたが相手に対して、適当な態度をとることではありません。

 

 

相手が誰であっても、
一貫して本来のあなたらしい態度をとるということです。

 

 

つねに本来のあなたらしい態度をとれるよう目指します。
良いと思ったら良い、悪いと思ったら悪いと
あなたが思ったことを話します。

 

 

嫌いな人とは適当に距離を置き、
一緒にいたい人と一緒にいます。
そんな単純でわかりやすい態度です。

 

 

あなたが「ありのままの自分」で
他人と接することを選択するなら、
人間関係はごく単純でスムーズなものになります。

 

 

あなた自身も楽に過ごせるようになるでしょう。

スポンサードリンク