相手が気持よくなる!上手に頼む方法

スポンサードリンク

相手が気持よくなる!上手に頼む方法

頼みごとをするときのコツですが、先輩が後輩にお願いするような
気楽な場合はここでは述べません。

 

 

特に頼みづらい目上の人にお願いごとをする場合についてです。
ポイントは
「自分ができない理由」、そして
「あなたにこそ願いしたい」ことを赤裸々伝えます。

スポンサードリンク

 

人は理由が分からないことにストレスを感じます。
ですから、相手が理由が分からないままお願いをすると
納得できない感情があなたへの不信として
残ってしまう可能性があることを肝に銘じておいてください。

 

 

あなたは仕事をお願いしなくてはいけない理由があるはずです。
それを包み隠さず話しましょう。この場合隠し事は相手の不信を買うだけです。

 

 

忙しい、外せない用事が入っているといったことがあたるでしょう。
そして、他の誰でもない「その人」にお願いしたい理由を、絶対に用意してください。
誰でもいい場合でも無理やりでもいいです。
お願いする前に作ってください。

 

 

「この分野の知識は○○さんが一番なので」
「○○さんの、電話対応が一番信用できるので」なんでも結構です。

 

 

頼ってくる後輩、部下は可愛く見えるものです。
そして引き受けてくれた場合に必ずお礼をしましょう。

 

 

例えばお昼をごちそうするなどすれば、
同じ時間を共有できてさらに距離も縮まることでしょう。

スポンサードリンク