職場で上司と付き合うコツ

スポンサードリンク

職場で上司と付き合うコツ

会社の人との付き合いのうち、最も気を使う相手が上司ですよね。
まず、上司との付き合いで注意すべき点です。

 

 

1.アドバイス、注意は真摯にそれを聞く
2.報告・連絡・相談は必ず行うこと
3.命令が納得できない場合でも、反抗的な態度は取らないこと
4.必ず敬語を使う

 

 

これにつきます。

 

 

1についてですが、あなたの考えはあるとは思いますが、
社会人である以上上司のアドバイスは真面目に聞くべきです。

 

スポンサードリンク

 

上司は基本的にあなた以上の経験をもっています。
あなたに見えない大局的な視野を持っていることを忘れないでおきましょう。

 

 

2についてですが、いわゆるホウ・レン・ソウですね。
これをさぼると例え仕事が上手くいったとしても、
上司は面白くありません。上司を立てるということも仕事です。
ちょっとした報告をしながら進めれば、不要ないざこざは起きません。

 

 

3については良くあるかと思います。
部下の事情も知らないで、忙しいのに仕事を振ってくるなど。
しかしそこで同僚の皆の前で反抗してしまったら、上司の顔がつぶれます。

 

 

その場は受けて、どうしても難しいようなら、タイミングを見て
「実はこの案件も抱えておりまして・・」と相談してみましょう。

 

 

4についてですが、飲み会の場でも敬語には気をつけましょう。
いくら無礼講と本人が言ってもも、いきすぎた行為に本人は
傷つくこともあります。丁寧すぎるくらいでちょうどいいでしょう。

 

 

上司との付き合いは子どもとの付き合いに似た部分があることを
覚えておけば間違いないでしょう。

 

 

そういうものだと考えることができれば、ストレスを感じるのも
馬鹿らしくなります。ルールを覚えて、失礼のないように行動すれば
上司もあなたのことを評価してくれます。

スポンサードリンク