職場で部下と上手に付き合うコツ

スポンサードリンク

職場で部下と上手に付き合うコツ

部下との付き合いの黄金ルールを紹介します。

 

 

1.部下を軽んじない。
2.人前で叱らない
3.人前で褒める
4.部下の成長を願う

 

 

これを押さえておけば間違わないでしょう。

 

1についてですが、部下を大切にしましょう。
いくら自分が上司、先輩だからといって後輩の
相談を適当に聞くなどしてはいけません。

 

スポンサードリンク

 

相談があれば、仕事の手を止めて聞くくらいは必要です。
場合によっては場所を変えるといった心遣いで部下は
「あ、大事にされているな」と感じるものです。

 

 

2ですが、絶対に人前では叱らないようにしましょう。
人前で叱ると、部下は面子をつぶされたと感じてしまいます。
また、叱るのと怒るのは違う事を覚えておくべきです。

 

 

叱るのは本人の為に同じ失敗をしないよう注意することです。
怒るのは自分の感情のままに部下を責めることです。
常に部下の成長のために、言いたくないけど言う姿勢でいましょう。

 

 

3についてです。2とは全く逆です。褒めるときは皆に聞こえるように褒めます。
褒めることで部下はどんどんやる気がでてきます。
かわいいですよね。部下を育てている気持を忘れてはいけません。

 

 

4についてです。かわいいために部下を甘やかした結果、
人生を誤ってしまうということがあります。

 

 

逆に、部下を厳しく教育し、しつけていくことによって、
素晴らしい人生を歩むということがあります。

 

 

部下との摩擦を恐れて何もしないことは部下たちにとって楽です。
その気楽さが部下をを駄目にしていくこともあります。

 

 

上司は真に部下の為にはしかるべきか、
褒めるべきかを判断する必要があります。

 

スポンサードリンク