職場で人付き合いをうまくする方法

職場で人付き合いをうまくする方法

退職や転職の理由として、常に上位にランクインするのが職場での人間関係の問題です。上司によるパワーハラスメントや先輩・同僚からのいじめ、なんとなく職場の雰囲気が険悪など、一口に人間関係といっても色々な要因がありますが、職場は1日の大半を過ごす場でもあるだけに、少しでも居心地が悪いと感じるようではそこで働き続けるのは非常につらいことでしょう。

 

例えば伝統的に上下やチーム間がはっきりと線引きされており、それによって険悪な雰囲気となっている職場の場合、個人の努力でその環境を改善することは難しいでしょう。しかし、職場に気に入らない人がいる、上司が自分にだけ厳しい気がする、仲間はずれにされているといった個人的な問題であれば、それは個人の努力で改善する可能性があります。せっかくやりがいをもって取り組むことができている仕事なのに、人間関係一つでそれを手放してしまうのはもったいありませんよね。そこでここでは、職場での人間関係の改善につながる、「人付き合い」がうまくなる方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

この方法を実践すれば、人間関係に関する不満が解消されるだけでなく、いままで良い関係を築くことができなかったせいで不当な評価を受けてしまっていたり、メンバーの協力が得られずに仕事を効率よく進めることができなかったり、といった悩みまで解消できてしまう可能性もあります。

 

挨拶をする

良好な関係を築くための第一歩であり、最大の方法でもあるのが「挨拶」です。

 

特に普段仕事で直接接する機会のない人に対しては、挨拶が唯一声をかけるタイミングであったりもするでしょう。普段会話をすることがないからこそ、お互いのことがよくわからず外見や声のトーン、話し方だけで「何だかイヤな人」と決めつけてしまっていることはないでしょうか?しかしそんな相手が顔を見て、笑顔で挨拶をしてくれたら、少し印象が良くなりはしないでしょうか?

 

明るく挨拶をされて気分を害する人はそうそういません。反対に、よい気分になる人は多いでしょう。そのため、できるだけ積極的に挨拶をするようにしましょう。もちろん、席の離れた人のところにわざわざ出向いて挨拶をする必要はありません。しかし、例えば自分の席の周囲に座っている人、エレベーターやエントランスで会った人などには気づいたら挨拶をするようにしましょう。できればしっかりと顔を見て、笑顔で挨拶をするとより効果がアップします。

 

名前を呼ぶ

とても簡単なことに思えますが、相手の名前を呼ぶことは恋愛テクニックの一つとしても紹介されるほど相手に対して自分を強く印象づける行為なのです。もちろん、良い印象を与えます。

 

何かものを尋ねるときや話しかけるとき、ついつい「これについて質問したいんですけど」「お昼は何を食べるの?」などと要件だけを伝えがちですが、「〇〇さん、これについて質問したいんですけど」「〇〇さんは今日お昼は何を食べるの?」など、最初に名前を呼びかけるだけで、相手は「自分を意識してくれている」「自分に近づこうとしてくれている」と良い印象を抱くものです。少し意識すればできる簡単な方法なので、ぜひ実践してみてください。

 

スポンサードリンク

 

 

相手の良い面を探すようにする

自分の気の持ちよう一つで、イヤな相手のことを気にならなくすることもできます。それは、意識して相手の良い面を探すようにすることです。

 

例えば、理不尽なことばかり命令してくる上司であっても、「なぜこんな命令をしてくるんだろう」「きっと何か上司にとって、より仕事をうまくいかせるために必要なことなんだろう」「上司なりに責任を果たすためにやっていることなんだ」「上司は責任感の強い人なんだ」と半ば無理やりにでも好意的に考えてみれば、理不尽な命令であってもそれほど理不尽に感じなくなるかもしれないし、上司に対して好感を抱くようになるかもしれません。

 

これは少々極端な例かもしれませんが、つまりは相手の嫌な面ばかりを見るのではなく良い面を探すようにすることで、それまで嫌だった相手の言動や相手そのものに対する悪感情を、多少なりとも和らげることができるのです。あなたが悪感情を薄れさせ好意的に接するようになれば、相手も自然にあなたに対して友好的に接してくれるようになります。そうなれば、意外と相手のことを誤解していたけど実はとても気の合う相手だった、などということになるかもしれず、それまで居心地の悪かった職場が楽しい職場に変わるかもしれません。

 

積極的に感謝の気持ちを伝える

挨拶と同じぐらい重要なのにもかかわらず、ついおろそかにしてしまいがちなことが「感謝の気持ちを伝えること」です。特に自分が上司やリーダーの立場であった場合、部下やチームメイトが自分の指示に従ってやったことに対して感謝の気持ちを伝える事はそうそうないのではないでしょうか?しかしそれでは部下やチームメイトはやりがいを感じることができず、あなたについていく気持ちを薄れさせてしまうことでしょう。どんなに些細な事であっても、何か依頼事を聞いてもらった際にはしっかりと「ありがとう。とても助かったよ」と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

もちろん、同僚に対しても同じことです。しっかりと感謝の気持ちを伝えられたら相手も満足しますし、また依頼事を聞いてあげようという気になるでしょう。

 

スポンサードリンク